保健師課程の履修生である看護学専攻4年生の安藤さん&和辻くんが、テレビ出演いたします!!

ぜひご覧になっていただけますと、うれしいです😊✨✨✨

■日時:2018年9月25日(火)16時〜17時

■番組:MBCテレビ 『かごしま4』7分程度

■内容:保健学科設置20周年事業のPR、公衆衛生看護学実習などについて

しおさい会のことにも触れてくれるみたいです✨

現在、台本を鋭意作成中なんだとか(*´ω`*)

全力で、愛を叫んできてね⛰🍀✨

8月、恒例のオープンキャンパスな(!?)季節となりました!

午前と午後の2回に分けて、計500名が来られるらしいです(*´ω`*)キャー

わたしにできることはないだろうか・・

探しておりましたところ!

学生を発見!!

席へと誘導・・!!

来てくれる・・・!!!

付箋とペンを持たせてみる!

・・・持ってくれる・・・・・!!!

笑顔・・・!

カキカキ・・・✎

はい、完成(*´ω`*)

実は、お題【地域とは!?】として、自由に書いてもらったのでした✨✨✨

すごく良いので、ドアップにします(^^)/

学生らしいパッションであふれてて、大好物でございもす!!!

ありがとう・・・ありがとう学生ー!

ということで今日も学生はやさしかったですね(*^▽^*)笑

オープンキャンパスでフル活用させていただく予定です(*´ω`*)

たとえば、こんな感じで

横になっちゃうので、その場合にはぜひとも顔を横対応にしてご覧いただけますと幸いです☕

とにかく、これまで話したことのない先輩後輩でつながってくれたら、それが一番のオープンキャンパスです。きっと!

とにかく自分から楽しむ精神が大事!!

このような感じで!

明日1日、みんなで楽しむぞーーーーーー!!!!!!!

8月1日、枕崎市役所から職員のみなさまがお越しくださいました✨

とても貴重な機会でもありますので、まず最初に大きな声でご案内させていただきます(*^▽^*)

今回、なんと同時に保健師2名程度採用とのことです!!

さらに・・!

平成30年度職員採用情報を見ていただくと分かるのですが、試験のあり方が変わるようです。

ホームページをのぞいてみますと、次のように書かれています:

再掲しますと

教養試験を民間企業志望の方や社会人の方も受験しやすい試験に変更します。また、できるだけ幅広い年齢層から、枕崎市のために頑張りたい方を確保したいため受験資格の年齢を見直しました。

とあります。これは、とてもすごいチャンスです!     ついつい、また大きくなっちゃいました(*´ω`)笑

受験しやすいように環境を整えてくださったなんて、チャンスですよー!

ちなみに、願書の受付期間は《8月16日(木)〆》です!

 

一旦、話は変わりますが、今、保健師を希望する学生は就職活動真っ最中です。

実は普段、学生などの声を聞いていると、就職を決める際に『自分がなじみの薄い地域を選択肢に含めるには、やはり相応の覚悟が要る』とのこと💦

出身地でないところを選択するのは、確かに、なかなか勇気が要ることでもあります。

今回は、とても貴重な機会だなぁと思い、学生へも声をかけてみることにしました。

すると、実習や就職試験の合間に、4年生3名が参加してくれました!下玉利さん、平岡さん、米満さん♡

 

よーし!ここは、もり父が丹精込めて育てたメロンでおもてなし🍈 ありがとう、霧島の父ー!

枕崎市のみなさまから、枕崎市の魅力について、時に熱く語っていただきました!!!

「枕崎市で特に力を入れている活動等はありますか?」「市としては、どのような人を希望しますか?」などの学生の率直な質問に対しても、快く丁寧にお話してくださいました✨

真剣なまなざし!!

話をしていくなかで「私も出身の土地ではないけれど、大丈夫ですよ」との保健師さん方からの声に、学生たちも安堵の表情が・・✨

そのお言葉、いろいろな方へ広くお届けしたいですー!転機を自分のものにできるかどうかは、また自分次第ということかもしれないなと感じたところでした。

貴重な機会を頂戴し、ありがとうございます!

記念に1枚、パシャリ📷☆

最後に・・・!

健康センターに所属されているスタッフのみなさんの写真を撮影して見せてくださいました\(@^0^@)/

うれしい(*´ω`)✨

 

卒業生も映っておりますが、気づいてくれる人、いますか・・?!笑 元気そうですね!

みなさんの姿をみることができて、何よりうれしいです。本当にありがとうございます✨

学生へも、あとで感想を聞いてみると「職場の雰囲気をつかめる感覚があって、すごくよかった!」とのことでした✨

またぜひいらしていただけるよう、わたしたちも精進いたします(*'ω'*)

ぜひ、枕崎市へご縁がある方を!お待ちしております♡

ご相談や問い合わせの窓口にもなりますので、ピン!と来た方、ピン!と来たい方、いつでも森(地域包括看護学講座)までご連絡ください。

もちろん、学内外・卒業生か否かは、問いません。どなたでも☆

 

 

 

 

 

3年生を対象に、担当地域を設定して地区診断を行う「公衆衛生看護技術論Ⅱ」、対象とテーマを設定して模擬健康教育を実施する「健康教育論Ⅱ」が開講されています。

ここで、健康教育論Ⅱの様子(ごく一部)を少ーしだけ、ご紹介いたします(*´ω`)

本当は21グループあるのに2つだけの紹介にとどまり失礼いたします。ぜひ、雰囲気を感じていただければ幸いです!

奄美市担当チームによるハブ対策の健康教育

※すべて「架空」の健康教育です!!(地域の設定を含む)

テーマは「やっけなハブ」!だそうです。

島口で「やっかいな」という意味だそうです。

そういえば、鹿児島弁でも言いますよね、「やっけなこちなった!!」って・・!

ちなみに、うちの母はよく使っています。笑

それも、わたしを相手に・・・

やっけな娘・・(*´Д`)

 

さて!

媒体すごい!と思って、写真を撮影させてもらいにいきました。

こちら、ハブ取り棒とハブです。

 

ダンボールと紐でつくられたこちらは、非常にくねっていました。

もし本当にハブがいたら、くねっている際に噛まれそうな、なんともドキドキする仕上がりとなっております。

ちなみに、お隣にいるのは奄美出身者です☆

よく地域の色も出ていました。みんなにたのしんでもらいながら、学んでもらおうとした姿勢が3人から伝わってきました。

サトーくんが1時間かけて手づくりをしたらしいハブ取り棒『ハブトリ君』、なかなか質が高いです。

・・・

そして、『朝食系女子&朝食系男子』を増やそうとする取組みをプレゼンした姶良市3人組のご登場!

イ〇ンにポスターを貼って案内して参加者を募るということで、キャッチーなポスターも作成していました!

プレゼンテーションでは、女性には美容の観点、男性には仕事の効率アップという興味ある切り口からはじめて、健康度向上へとつながる流れをうまく展開していました!

ちなみに、差し棒が『目玉焼き』!笑  思いもよらない!笑

そして、胸元にもご注目!

実は、名札も工夫が凝らされており、じぶんたちの食べた朝食を盛り込んでイラスト化したものを作成し、さらには自己紹介へつなげていました!!

それぞれ、5年目、35年目、3年目あたり(?)の保健師さんたちだそうです!  どういう設定だ…!?(笑)

後日、別な企画も予定してある(という設定だ)そうで

最後は、ブルゾンちえみwithBとして日程を案内していました(*´ω`)

ちなみに、CMまでつくっていました!

※すべて「架空」の健康教育です!!

 

おもしろがるって大事だなぁと改めて学生に学びました。

そして、自分たちなりに、つきぬける!授業上、架空の設定での実施となるため、見えない相手に対してどのように内容を落とし込むのか?想像する力がとても求められると思ったところでした。

「じぶんたちは、ここは特に大切にしたい!」というものがあると、相手も惹き込まれていきます。

相手の心への接近はむずかしく、そして大切なテーマですね!

21のグループそれぞれにこだわりどころ、聞かせどころがありました☆彡

前期をもって、保健師関連科目のすべての履修がおわった3年生。

地域を開拓していける人になっていくことでしょう!期待しています。

保健師をめざすために、毎年「公衆衛生看護学実習Ⅱ」という実習が行われています。

先日、第1陣である前半組の実習がおわりました!

こちらの実習は、地域振興局と市町において4週間の実習が行われています。

そして、主に最終日には「現地報告会」を開催します。

・・・と‼写真を投稿したいのですが、ワンドライブ経由でうまく投稿できません。。

なぜかしら・・!

近日、再度チャレンジしまーす。

 

 

 

5月下旬より、保健師実習である「公衆衛生看護学実習Ⅱ」がはじまっています。

今年は、大崎町、肝付町、いちき串木野市、阿久根市、出水市、南さつま市、湧水町と各地域振興局において、15名の学生が実にさまざまな地域にお世話になりながら、実習を行っています。

こちらは、来週の健康教育に向けたデモンストレーション中の様子です。

学生一人ひとりも当事者になりきって、「もっとこうした方がよいんじゃない?」「これはどうだろう?」とブラッシュアップさせていきます。

こちらの学生2人組は、「同じ集落に継続的に入りたい。せっかくなら全戸訪問したい」とのテーマを掲げて、実習期間中に何度も集落を訪れており、すでに教室参加者全員の名前・年齢・プロフィール、人口ピラミッド、日々の暮らしぶりや価値観が頭に入っています(なので、学生Aは〇〇さんの役、学生Bは◆◆さんの役・・という風に、配役が決められていました!)。高齢化70%を超える集落で学びながら、今では「高齢化が進んでも、豊かで健康な地域はつくっていけると教えていただいた。この集落の魅力は地域全体に還元できる素晴らしいもの」との考えにいたり、これから「地区だより」を自分たちで作成して、地域全体へ向けて発信してみようと考えています。フレフレー!

・・・

そして!

本実習では、“現地での学びを現地に還す”をモットーに、現地での最終報告会を行っています!

 

「地域とは何か?」「保健師とは何する人ぞ?」「現場に足を運ぶことはいかに重要か?」

思考錯誤、奮闘しつつ、自問自答のなかで歩みを進めていきます。もちろん、自己の課題にぶつかることも沢山あります。

ときに苦しいし、もがくべきタイミングも訪れます。

健康教育や家庭訪問など地域への参加を通して、地域を歩くながら、磨かれる先にあるものは何か?

こたえが出るのはずっと先かもしれないし、もしかすると出ないかもしれない。

でも、突き抜けた先には、きっといつか何かがあるさ!

もがけるときに、ちゃんと、もがこう。

ということで学生のみなさん、今しかできないことを、きばいやんせー!!