去る2月8日(土)に鹿児島県訪問看護ステーション協議会 第20回研究発表会に足👣を運んできました!

 

毎年、訪問看護師の代表3名の方が、1年近くをかけて研究を行っています。

そして、この日はハレの舞台である発表会でした!

縁あってサポーターをはじめてから3年目に突入(*´ω`*)学生の実習巡回からのながれで・・♡笑

サポーター活動を通して、抄録査読のやり方について(もちろん自分自身も学びながら)お返ししたり、訪問看護師の世界に少しでも入り込めた(!)ような瞬間のようものを体験できたりと、いろいろなことを勉強する機会をいただいてけていると思っています。このような場を通して、次につながるような出会いもいただきます(懇親会行ったり。笑)。

 

そして、3年目である今回は「地域における看護活動を考える」というテーマでお話をさせていただきました! 

1年目より8キロやせていた2年目は「やせたね!年を取ると色々あるから・・・大丈夫?」とご心配いただきました。3年目である今回は「去年はやせて、今年は・・・女性らしくなった!」と大隅地区で活躍される大好きな看護師さんに励ましのお言葉いただきました!笑  このような講演の幕までつくっていただき、恐縮すぎる・・・記念に母に写真を送ったところ「かわいい♡」とLineがきました・・(*´ω`)

まさかこの3日後にあった友人の結婚式で、人生4度目のブーケを受けとることになろうとは思っても見ませんでしたけれども・・・(/・ω・)/わっしょーい 最高の忖度!笑 友達ありがとう!!

まぁ・・・それにしても話を組み立てるって、ムズカシイ。個々のコンテンツはあっても、全体のながれとして組み立てるのが、とってもムズカシイ。もちろん今回も、当日の朝5時半に神が舞い降りてくるまでは逃げ出したくてたまりませんでした。ちなみに朝ごはんは4時でした~(*^▽^*)あ!もちろん、神は舞い降りても、その後のスライド&シナリオづくりをしなくてはならずに(≧∇≦)ひゃっほー

神さまは、どうしてこんなに直前にしかおりてこないんでしょう・・!!!(わたしがよく怒られるやつです)

 

 

*「肌で感じる地域診断」は、2年前の阿久根市実習で、保健師さんが学生にかけてくださった言葉です。

以下、言いたかったことのハイライト:

◆ 小さな空間であっても、そのコスモスには人間生活と環境との相互作用の積み重ねがあり、ライフ(精神的・文化的=人生、社会的・経済的=暮らし、生理的・生殖的=生命)の営みと環境との相互作用のすべてとその歴史がある(長嶋俊介編:日本ネシア論 2019)

◆ 肩ひじを張らず、今の自分を通して、見て・聴いて・感じたことから地域を自然と捉えていくことの大切さ。それを私なりに「肌で感じる地域診断」の包摂する意味と定義する。自分にしか見えない景色がある(訪問看護師には、訪問看護師にしか見えない景色がある)。どこかでおもしろがっておく。地域をよく見ることは、よいケアを生む重要な素地になる。

◆ 「70年住んでいても、飽きないなぁ」(成熟した地域観の醸成)

◆ ありのままを見せてもらえるような関係性を。地域やそこでの暮らしをよりよく捉える仕掛けとして、ライトな地域診断を日常に。そして、言語化へ

◆ 学生の柔らかな思考に学ぶ。地域に学ぶ生き方を。

 

* * *

 

聞き手を「前のめり」にさせるスピーチ・プレゼン・講演に必要なこと ~言葉作り編~

 

セミナーや講演会など人前で「伝わる」ように話すコツ

 

わかりやすいセミナー・講演の作り方。内容構成の3つのポイント

 

良いセミナー・プレゼン資料を作るための10の手順

 

セミナーや講演会の「シナリオ」は絶対に作成しよう

暖かくなったり、急に冷え込んだり…神様もなかなかツンデレです・・・

さてさて。ワタクシもーりーも行ってみたいと思っているイベントをば(/・ω・)/

1.自分らしく最期まで安心して暮らせるように-治し、支える医療・ケアのこれから-

■日時:2020年2月29日(土)18:00~20:00

■場所:おきのえらぶ文化ホール・あしびの郷 ちな(沖永良部島・知名町)

■ほか:①事前申込みが必要、②資料代:500円(希望者)

■詳細:下記ポスターをご参照ください  申込み用紙のついたPDFダウンロードはココカラ

2.国際シンポジウム「未来を見据えた島嶼・へき地で活躍する高度実践看護師の人材育成への挑戦」

■日時:2020年3月8日(日)13:30~16:00

■場所:沖縄県立看護大学

■ほか:①同時通訳有、②申込み不要

■詳細:コチラ

豪州やハワイ島、ニュージーランドのルーラルナーシングに関連した講師陣が来られるようです。

私のテーマはまさにルーラルナーシングなので、心の底から興味津々です・・・!!

 

3.soar conference 2020〜関わり

■日時:2020年3月21日10:30~18:00

■場所:Nagatacho GRID 6階 ATTIC(〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目5番地3号)

■ほか:①事前申込みが必要、②有料

■詳細:コチラ

こちらは、サイトそのものもおススメです✨

4.地域の物語ワークショップ2020 家族をめぐるささやかな冒険 発表会

■日時:2020年3月22日(日)※時間未定(2月2日時点)

■場所:世田谷パブリックシアター

■詳細:コチラ

 

世田谷パブリックシアターの「地域の物語」は、一般の方たちと、数ヶ月にわたるワークショップを通じて作品づくりに取り組むプロジェクトです。参加者自身がグループで対話を進めながら考えを深め、そこで出て来たアイデア、誰かに伝えたいと思ったことを言葉や表現として紡いでいくことを特徴とし、コミュニティに暮らす人々の物語を紡いでいくことを目指しています。

このようなすばらしい地域での取組みがなされていることを知ったのが3月下旬の終演後でした。最近は演劇を取り入れた授業も活発に行われていますし、何よりテーマも毎年とても興味深いものばかり!!芸術分野との融合によって、よりよい地域での学びができるのではないのか?ヒントを探りに行ってみたいです✨ (さらに過去開催分に興味を持ったかたは、コチラ

釜山にある甘川文化村の景色!

 

 

 

2020年2月に開催されるイベントのご案内です♪

鹿児島市の担当保健師様(龍門会&しおさい会の先輩)からご案内いただきました(ありがとうございます!)

参加するだけでも「地域パワー」を十分に肌で感じることができます!!

保健学科理学療法学専攻 大渡昭彦先生元当講座特任教授 財部マチ子先生によるお話が聴けます。

当日は、活動発表会に加えて実技、握力測定会、食事例紹介など盛りだくさんの内容となっています。

事前の申込みは不要となっています。かつ無料です。

なお、去年の様子をまとめたミニレポートこちら

わたし自身は去年参加してみて、「保健師の企画力を学ぶ場」「場づくりの秘訣を考える機会」にもなると思っています。さらには一朝一夕では築くことのできない空気感があるように感じました。この空気感に学ぶところがとても多いと個人的には強く思っています。

ぜひ学生や地域に関心のある多くの皆様にご参加をいただけるとさらに盛り上がるぞと思っております♡

 

 

 

みなさま、おやっとさあでございます!!

早速、保健師採用情報のお知らせです。

「鹿児島市地域包括支援センター保健師」募集になります。

「社会福祉法人高齢者介護予防協会かごしま」では、職員を募集しています。

 

令和2年4月採用の正職員を想定しております。

保健師の有資格者で3名ほどの採用枠があります。

採用にあたりましては、事前に見学や説明などのご希望がありましたら、ご相談いただければ対応いたします。

新卒で資格取得見込みという方も応募可能ですので、もしそういう方がいらっしゃいましたらご相談ください。

長く勤めていただける方を採用したいと考えております。

 

求人にあたり、本部の担当者様からご丁寧に本ホームページにお声掛けいただきありがたいですm(__)m

そして・・・

毎年、本学看護学専攻3年生の地域・在宅看護学実習をお引き受けいただき、深謝いたします!!!!!!m(__)m

社会人経験のある方で、ちょうど春から鹿児島におられる方もいるかもしれませんので、お近くにビビビッ!と来られる方がいたら、ぜひご紹介いただけると幸いです。

地域のことを思い浮かべたら、地域の話をしたくなります!

ということで・・・!

急に、NAOKOの社外秘な写真をすみません・・・(/・ω・)/💦

よい出会いをねらっているのでしょうか・・と、それはさておき✨

 

三津の渡しという三津港の西性寺前と港山地区を結ぶ渡船に乗ってみました。500年ほど前から運行されている公道なのだとか!! さて、こちらの地域は一体どこでしょう?上記2枚で分かった方、天才に認定です💛

正解は・・・!!!

学会参加でした~~~!ちなみに卒業生のわっつんもいました!元気そうでした!!

さて☆地域へ行きましょう~~~(*^▽^*)

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします!みなさまにとって素晴らしい年となりますように。

さて!

早速ですが、当公衆衛生看護学領域の所属する地域包括看護学講座の卒論発表会の様子が、本学保健学科のホームページに掲載されました。詳細はこちらをご覧ください(*^▽^*)

ちょっとだけオマケ♡大きい版の集合写真♡総勢25名の発表は、圧巻です~✨

良い表情です・・・!

堤&久松ゼミのドレスコード(蝶ネクタイ!)最&高

兒玉ゼミは、お手製「フェルト兒玉バッジ」をつけております!!!アイデアもすごいが・・・!前日つくったというのがすごすぎる・・・!保健師になってもそのアイデア力、活かしてください(^^♪

ちなみに、兒玉先生の隣にいる男子学生は、年の瀬に広いゼミ室の床をひとりで綺麗にしてくれていました。。

ありがとうありがとうありがとーーーーーーーーーーーう!

3回言わせていただきました。当人のO迫君にその旨伝えたのですが「当たり前のことをしたまでです」と一蹴され、思わぬ形で自分の生き方を顧みてみようかどうしようか迷う今日この頃です(/・ω・)/

現場からは、以上です。

鹿児島県国民健康保険連合会の保健師募集のお知らせです。

新卒~39歳以下の保健師有資格者を募集しております!

試験日は令和2年1月26日(日)となっています。

今回、新卒での募集を受け入れるのがはじめてなのだとか!

貴重な機会ですので、ぜひ興味のある方は、HPをご確認ください。

わたしたちの手元にも、資料ならびに履歴書様式をいただいています。

興味を抱かれた方、おススメしたい方へも、ぜひお気軽にお声掛けください^^

メールはこちらへ(moriryu@Health.nop.kagoshima-u.ac.jp)H→小文字変換で★

by森

 

 

 

 

 

手元にある文書をスキャンしたものをアップしました。ノイズが入っており、スミマセン・・・💦

12月に入り、ぐっと冬らしさが増して参りました。

師走の候、いかがお過ごしでしょうか^^

 

さて、講座再編に伴い「地域包括看護学講座」となって早2回目卒論発表会

12月23日の月曜朝一番に開催することになりました✨

どなたでも参加可能となっております。

 

今年のポスターは、日隈先生作です!

学部生(来年度の参考にもなりますよ☆)や卒業生、気持ちをリフレッシュしたい方(!?)etc、ぜひいらしてください(*^▽^*)これまでも、他学科の学生さんや親御さん(!)も参加されたこともあります♡きっと成長を感じていただけると思います。

卒論とは、きっと青春です。たぶん。わたしも大分前に取り組みましたが、カップ麺の焼きそばを先生の研究室で食べたり、〆切当日には、指導教員の先生が着替えをもって(!)夜なべしたという、当時だから許されたであろう懐かしい記憶が今も残ります。  No More ブラック!!

師匠に「卒論も国試も、考える力をつける意味では、同じもの」「教育とは、学生の見知らぬ窓を開くこと」と言われた言葉を、たまーーーーーーーに、思い出します。

今週、ある看護師の卒業生が訪ねて来てくれました。大学院への進学を考えているとのことで「もっと研究に本格的に取り組みたい」という熱い思いを聴かせてもらったところでした。

とにもかくにも、4年生のみなさん、ファイト―!

 

医学科の学生さんからご案内いただきました^^

こちらのHPでも、開催内容について共有させていただきます!

詳細は以下をご参照ください✨

ユニセフが見た世界の子どもたち~元ユニセフ職員が経験した国々の医療の実情~(予約不要・入場無料)

 

2019年1130日(土)
時間:18:0020:00(開場:17:45~)
場所:鹿児島大学学習交流プラザ2F

       *

2019年12月1日(日)
時間:13:0015:00(開場:12:45~)
場所:天文館アーケード内「メガネのヨネザワ」4Fホール

※入場無料
予約不要
どなたでも参加可能

さらに詳細はこちら。

11月30日

12月1日

 

 

 

足を延ばしてみることも、きっと国際協力の第一歩!

 

先日、両親が霧島で育てた野菜をもってきてくれました。

前日の夜、電話口で母が言いました。

「あるのはね、大根とキャベツと白菜と人参と水菜と、レタスと・・」

そしたら、電話口の後ろで父が

「レタスじゃね(じゃない)。ちゃんと、サニーレタスっちいわんね」と母に諭している平和な声が聞こえました。

今日も平和な実家の風景が目に浮かびました。

ちなみに野菜は超おいしいです💛

産業保健のメンタルヘルスに関するサイトを見つけました。

こころの“あんしん”プロジェクト

 

中小企業を主としたターゲット層において、さまざまな情報が提供されています。

たとえば、8つのメンタルヘルス対策支援ツールなども作成・公開されているんです。

(「中小企業向け 心の健康問題を持つ従業員への対応手順マニュアル」などもあります)

鹿児島県では、圧倒的に中小企業が多く存在していることから、このような参考になるサイトを上手に活用して、保健活動をさせていくことが大切かも、と思います。

花にいやされます。

数年にわたり、本学学生や国際大学学生(有志)でボランティア活動を行っています。

 

ここで、これまで継続的に参加をしてきてくれた響(ニックネーム)さんからのメッセージをご紹介します。

なんとなく耳にしたり目にして気にはなっていることを、実際に行動に移すことって意外と難しいことですよね。自分にはできないから、時間がないから…いろんな理由を探しては始めることすらしない。誰しも経験したことあるのではないかなと思います。でも、始めてみなければ知らなかった景色やステキな人たちに出会うことができません。始める理由はなんだっていいんです。このチラシが少しでもあなたの心にとまったら、そのトキメキを信じてみてください。このボランティアは私たちが誰かのために何かをする場所じゃありません。一緒に過ごして作っていく場所です。頑張る場所じゃありません。楽しく過ごして、人やつながりを愛する場所です。
このボランティアは、あなたの大きな一歩の小さな扉になるとおもいます。子ども食堂や学習支援に興味はなくても全然大丈夫!何かしてみたいと思う気持ちが少しでもあったら、是非連絡をくださいね!両手を広げてお待ちしております!

千里の道も一歩から、ですね!まずは一歩、踏み出してみませんか?

・・・

今後についても、少しずつではありますが、考えています。どんな形が、よいのか。学生のかかわる、活動の形。

ちなみに、先日、日本島嶼学会という島の学会に参加してきたのですが(宮古島)、そこで出会った教授の教育に関する発表が大変興味深く(ちなみに「未就学者と離島―日本の有人離島における国勢調査未就学者小地域集計―」という国勢調査を分析したデータを基盤とした研究発表をされました)、その話を含めていろいろと伺っているなかで、その先生がおっしゃったんです。

学生が子ども食堂の運営をしているんですよー。

/(^o^)\ナンテコッタイ!島の話は一旦さておき(/(^o^)\ナンテコッタイ)、思わず興奮してしまいました・・・。

「はちおうじ子ども食堂」―そこは、運営に携わる学生にとっても大事な居場所。”誰かのために”、その一歩で自分が一番救われた。

毎月第二土曜日に開催しているので、のぞきに来ていいですよとのことでした。

行ってみようかなぁ・・・🎵

行ってみたいかた、お声掛けいただければご紹介します!